車「下取り安い」「買取り高い」って本当?メリットデメリットを徹底調査


車の下取りと買取りの違いとは

下取りとは

新車又は中古車を購入したお店に車を引き取ってもらうことを「下取り」と言います。

ディーラーで下取り

新車購入時、購入したディーラーで車を買い取ってもらうことを「ディーラーで下取り」と言います。

買取専門店が少なかった一昔前は、もっともポピュラーな売り方でした。

しかし買取店が急速に増え、車の買取り相場が上昇してきたことでディーラーでの下取り価格は買取専門店に比べ安くなる傾向があります。

そのため、ディーラーでの下取り件数は以前に比べ減少傾向をたどっています。

中古車店で下取り

中古車購入時、購入した中古車店で車を買取ってもらうことを「中古車店で下取り」と言います。

ディーラーでの下取り同様、買取り専門店が少なかった一昔前は、もっともポピュラーな売り方でした。

しかし買取店が急速に増え、車の買取り相場が上昇してきたことで中古車販売店での下取り価格は買取専門店に比べ安くなる傾向があります。

だだし、ディーラーでの下取りとの大きな違いが買取りした車を中古車として直接、自社で販売できることです。

これにより中間マージンを減らすことができ、人件費が多くかかているディーラーでの下取りよりは高価買取が期待できます。

また、その中古車店であなたの愛車を探しているお客さんを抱えていれば高額査定が期待できますが確率としては低いでしょう。

下取りのメリット

下取りは買取り専門店に比べ安くなる傾向がありますが、以下のようなメリットもあります。

  手間が掛からない

  購入する車の値段交渉に繋がる

  買取りで0円の車も値段がつく

手間が掛からない

下取りは、車を購入してくれたユーザーの手間を軽減させるサービスです。

車の購入、売却には多くの書類、手続きが必要となります。

購入と売却が同じお店なら、1つの店舗ですべての手続きができるので複数の店舗や店員とやりとりする手間がなくなります

また、新たに購入した車の納車時に下取りした車を引き渡すため繋ぎの車を用意する必要がありません。

購入店がお店の都合で下取り車を早めにほしい場合は、無料で台車を貸してくれるので安心です。

購入する車の値段交渉に繋がる

車を下取りしたお店では、下取りした車に利益をのせて次のユーザーへ販売します。

なので、販売した車と下取りした車の両方から利益を得ることができるのです。

お店側としては販売だけよりも利益が大きくなるため、交渉次第では新たに購入する車の値引きに繋げることができます。

買取店で査定額0円の車も値段がつく

車を購入してもらったお店は、販売した車で利益がでているので下取りした車で利益がでなくても何ら問題ありません。

なので、マイナスにならないギリギリの金額で下取りが可能となるため買取店で値段がつかない車でも、値段がつくケースがあります。

逆に買取店では買取った車で利益を出さなければいけないため、車を買取る際に必要な手続きなどにかかる人件費は買取り金額に折り込まれます。

なので、価値の低い車では査定額が0円となってしまうケースも多々あります。

下取りのデメリット

  買取り専門店に比べ査定額が安くなることが多い

  他店との比較ができない

  現金が手元に入らない

買取り専門店に比べ査定額が安いことが多い

絶対ではありませんが、買取りに比べ査定額が安くなる傾向があります。

販売店の主な業務は車の販売であり、買取りではありません。

なので、赤字にならないように安価に査定額が設定されていることが多いです。

他店との比較ができない

下取りの場合、新たに購入するお店だけの査定となるため他店との査定額の比較ができません。

そのため、査定額がお店の言い値となってしまいます。

現金が手元に入らない

下取りの金額は、新たに購入する車の値引きに反映されます。

なので、現金で手元に入ることはありません。(購入車両より下取り金額が高い場合は別)

新たに購入した車の部品などを他店で購入するには、別でお金を用意しなければなりません。

買取りとは

新たに車を購入したお店とは違う店で車を売却することを「買取り」と言います。

買取店への持ち込み

買取店で車を査定する場合、一般的には直接買取店へ車を持って行き査定します。

特に予約などをしなくても査定してくれるため、時間が空いたときにふらっと立ち寄れるのが大きな特徴です。

ただし週末などは込み合うこともあるので、事前に予約してから行くことをおすすめします。

買取店のメリット

  下取りよりも高額査定が期待できる

  いつでも気軽に査定できる

  他店と査定額の比較ができる

  現金での支払いが可能

下取りよりも高額査定が期待できる

絶対ではありませんが、買取り専門店の査定額は下取り金額よりも高くなる傾向があります。

また、現在売れている車種などをリアルタイムに把握しているため、適正な価格設定となっています。

また、買取り後の販売ルートもきちんと確保されているため無駄な経費が掛からず査定額に反映させることができます。

いつでも気軽に査定できる

買取店の営業時間内であればいつでも査定をしてもらえます。

なので、出かけたついでにふらっと立ち寄って査定してもらうこともできます。

なかなか事前に時間の都合がつかない人には、空いた時間に査定してもらえるので便利です。

ただし、週末は込み合う可能性が高いので予約なしでの査定は平日をおすすめします。

他店と査定額の比較ができる

下取りとの大きな違いの1つに、他の買取店との査定額の比較ができることです。

数店舗回らなければいけないので時間と手間はかかりますが、他の店の査定額を伝えるとその金額より高い査定額を出してくることが結構あります。

他の買取店の査定額を知ることで、あなた自身が査定額に納得して売却することができるでしょう。

現金での支払いが可能

下取りでは新たに購入した車の値引きに査定額が折り込まれるため、現金として手元に入ることはありませんが、買取りでは現金が手渡し又は銀行などに振り込まれるため、現金が手元に入ります。

売った車のお金を全額新たな車の購入資金に充てる場合はこれといったメリットはありませんが、他店で車の部品などを購入する場合などはお金を用意する必要がなくなるなどのメリットがあります。

買取店のデメリット

  高額査定を狙うには時間と手間がかかる

  新たな車の納車まで、繋ぎの足が必要となる

  あなたの車の需要がない地域の買取店では高額査定が期待できない

高額査定を狙うには時間と手間がかかる

買取店で車を査定してもらうためには、直接お店へ行かなければなりません。

また、高額査定を狙うには複数店で査定してもらい競合させなければならないため、どうしても時間と手間がかかってしまいます。

新たな車の納車まで、繋ぎの足が必要となる

買取店で車を査定し、査定額に納得したらすぐに車を売却しなければなりません。

後日の売却となると、査定額が下がる場合があります。

新たに購入した車の納車がまだ先だとしたら、その間の足がなくなってしまいます。

繋ぎの足が不要な場合はいいのですが、必要な場合はレンタカーなどを借りなくてはなりません。

あなたの車の需要がない地域の買取店では高額査定が期待できない

あなたの車を必要としている地域の買取店であなたの車を査定した場合、高額査定が期待できます。

しかし、それ以外の地域で査定した場合は高額査定はあまり期待できません。



2018年決定版、高額査定が期待できるおすすめサイトランキング

~愛車の最高値売却を目指す~


 

今、最も高額査定が期待できる新しい買取りシステム

一括査定ではなくオークション形式で全国の業者が参加

全国の最大2000社が対象

大手買取り業者から地方の中古車販売店までネットワーク化

連絡はユーカーパックの1社のみ

査定は1度だけでOK

 

 

 

公式サイトはこちら

https://ucarpac.com


 

数ある一括査定サイトの中で利用率がトップクラス

最大10社の見積りが比較できる

大手買取り業者が多数参加

2007年から運営し多くの実績

 

 

 

公式サイトはこちら

https://a-satei.com


 

提携している買取り業者1000社以上

最大30社へ一括査定依頼ができる

中古車情報で有名なカーセンサーが運営しているので信頼度が高い

査定依頼する買取店を選択できる

 

 

 

公式サイトはこちら

https://kaitori.carsensor.net



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ