【車検】お役立ち情報 車検

軽自動車の車検費用は?法定費用から必要書類まで徹底解説!

くるお
軽自動車の車検は普通自動車より安いんだよね?
実際のところいくらで車検を受けることが出来るのかな?
営業マン
たしかに軽自動車の車検は普通自動車より安い場合が多いよね。
ただ、車の状態によっては高くなることもあるんだ。
では、軽自動車の車検にかかる費用を詳しく説明していくね。

軽自動車の車検費用

車の所有年数や状態、どのお店に車検を依頼するかによって車検費用は大きく変わります。

一般的に乗用車の車検費用の相場は8万~12万が相場です。

一方、軽自動車の車検費用の相場はだいたい5万~8万円で、乗用車よりも安いです。

では、何が要因となってこの金額差が生まれるのでしょうか?

関連記事
車検はいつから受けれる?車検が切れてしまった時の罰則・罰金は?

続きを見る

車検には法定費用と車検基本料がある

車検には法定費用と車検基本料の2つの費用があります。

法定費用

車検の法定費用というのは、自賠責保険(強制保険)の保険料、重量税、印紙代をトータルしたもので、一般的に諸費用とも言われており、車検をどこで受けても同じ金額になります。

車検基本料

車検基本料は車検を受けるお店によって大きく変わってきます。

また、消耗品の交換や修理などで追加料金が発生する場合があります。

車検代に大きく影響するのが自動車重量税

自動車重量税は車両の重量に応じて課せられる税金です。

車両の重量が重ければ重いほど税金の額は高くなります。

(例)軽自動車の重量税 ➡ 6,600円/2年

     トヨタ「アルファード」の重量税  ➡ 41,000円/2年

自動車重量税は初回車検の3年後、以後2年ごとに支払いが必要であるだけに、この差はとても大きいですね。

軽自動車は重量が軽いため、重量税が安いのでとても経済的な車と言えるでしょう。

もちろん車検の際の交換部品や整備項目によっても、車検費用が大きく変動する可能性があります。

車を買い換えようとお考えであれば、購入価格やガソリン代も重要ですが、この車検費用というのも要チェックの項目です。

軽自動車の車検費用の内訳

先程もお話ししましたが、軽自動車に限らず車検の費用は大きく分けて「車検基本料」と「法定費用」の2種類です。

法定費用は国によって定められていますので、どこのお店でも金額は変わりません。

軽自動車の法定費用は以下の3つです。

  • 自賠責保険 25,070円
  • 重量税 6,600円
  • 印紙代(検査手数料)1,100円

つまり法定費用は上記の通り合計32,770円となります。

こちらは軽自動車に乗っている以上、必ず国に納めなければならない税金となります。

車検基本料は?

車検費用を大きく左右するのが車検基本料です。

どの業者に依頼するのか?どのプランで車検を受けるのか?などによって車検基本料の額が変わってきます。

車検基本料の相場はこちら。

  • ディーラー ➡ 4~5万円
  • ガソリンスタンド ➡ 3~4万円
  • 車検専門店 ➡ 2~3万

また、年式が古い車は消耗品の交換が発生するため、車検基本料が高くなります。

一般的に消耗品は、新車価格の高い車ほど交換する部品の値段も高くなる傾向があります。

関連記事
【車検】必ず交換が必要な部品はこの5つ!交換費用はこちら!

続きを見る

軽自動車の車検費用が高くなるタイミング

軽自動車に限らず、年式が古くなれば部品交換などが発生するため、車検代も高くなります。

では、どのようなタイミングで車検代が高くなるのか説明していきます。

新車から5年経過

新車購入後2回以上の車検を経験して、「5年目を過ぎると高くなる」と感じている方も多いのではないでしょうか。

5年経過するとパーツの交換が増えるという単純な理由に加えて、メーカー保証やエコカー減税制度など見落としがちな原因もあります。

5年目の車検費用が高くなる代表的な理由として以下が上げられます。

  • メーカー保証が終了
  • パーツ交換箇所が多くなる
  • エコカー減税が対象外となる

メーカー保証が終了

通常、車のメーカー保証は一般保証(消耗品、油脂類など)が3年、特別保証(エンジン、動力伝達機構など)が5年が一般的です。

保証期間内でも対象となる部品・整備内容は限られていますが、条件を満たせば修理費用もメーカーが保証してくれることもあります。

なので、初回(3年後)の車検では実質的な出費を抑えられるケースが多いのです。

保証期間が満了となると、基本的にすべての修理・整備費用を自費で負担することになります。

2回目(5年後)にはメーカー保証が切れている可能性が高いため、車検費用が高くなってしまうことが多いです。

パーツ交換箇所が多くなる

軽自動車に限らず、車は乗る回数や経過年数が長いほど交換部品が増えてきます。

とくに、タイヤやバッテリーなど消耗部品の定期的な交換は避けられません。

概ね5年経過したあたりから車検時の点検整備での交換部品の数が増えることも、費用が高くなる理由といえます。

エコカー減税が対象外となる

環境に優しい車に対して、さまざまな減税措置が受けられるのがエコカー減税です。

車検のタイミングで支払う自動車重量税も安くなりますが、減税の対象となるのは、車検時にエコ基準を満たしている車です。

したがって、購入時に減税対象となっていた場合でも、車検の際には対象外となる可能性があります。

新車から10年経過

新車登録から10年以上経過した軽自動車は、点検整備費用が高額になるリスクを考慮しなければなりません。

軽自動車・普通自動車を問わず、年数が経つにつれて交換する部品の数が多くなったり頻度が高くなったりするためです。

また、法定費用に含まれる軽自動車重量税は、新車登録から13年後・18年後のタイミングで課税額が上がります。

経過年数重量税
新車登録から13年まで6,600円
13年経過8,200円
18年経過8,800円

軽自動車の車検に必要な書類(お店に車検を依頼する場合)

それでは、軽自動車の車検に必要な書類について説明していきます。

車検証や自賠責保険証明書など普段から車内に常備しているものもありますが、その他の書類の準備もあります。

提出できなければ車検を受けられない場合もあるため、あらかじめ書類の内容や役割について理解して不足のないよう用意にしておきましょう。

軽自動車の車検に必要な書類は以下の4つになります。
※お店に車検を依頼する場合

  • 自動車検査証(車検証)
  • 軽自動車税納税証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 印鑑(認印)

自動車検査証(車検証)

車検証(軽自動車)とは、軽自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。

車検対象軽自動車に交付され、その軽自動車に関する情報が細かく記載されています。

車検や街頭検査(保安基準不適合車を排除することを主とした検問)の際などに、車両の状態が車検証記載通りであるかの確認が行われます。

車検を受ける際は、車検証の原本が必要となります。
※コピー不可

住所変更を行っている方はこちらをご覧ください。

関連記事
車検証の住所変更を詳しく解説|放置した場合のデメリットとは!

続きを見る

関連記事
車検証がない!紛失?再発行に必要な書類と手続きを徹底解説!

続きを見る

軽自動車税納税証明書

軽自動車税納税証明書(継続検査用)とは、軽自動車税の納税が正しく行われているかを確認する為の証明書です。

車検の際に必要となる書類で、毎年5月に管轄の市区町村から軽自動車税納税通知書と一緒に送られてきます。

有効期限を確認し、期限内のものを用意しなければなりません。

軽自動車税(種別割)は、市区町村において課税しています。

もし、お手元にない場合は市区町村にて交付を受けてください。

車検を受ける際は、納税証明書の原本が必要となります。
※コピー不可

自動車損害賠償責任保険証明書

 

自動車損害賠償責任保険証明書とは、軽自動車(普通自動車・バイク、原付も含む)の持ち主が必ず加入しなければならない自賠責保険の保険証のことです。

自賠責保険は対人にのみ損害を補償する保険となっており、対物や運転者自身のケガは補償適用外です。

あくまで任意保険の補助的な役割と位置付けられています。

車検対象自動車の場合は、自賠責保険の保険期間が車検有効期間をカバー(車検有効期間より1日でも多く保険に加入)していなければ、車検証の交付を受けることができません。

車検や新規検査の際は、必ず車検有効期間をカバーした自賠責保険の加入が必要になります。

車検を受ける際は、自動車損害賠償責任保険証明書の原本が必要となります。
※コピー不可

印鑑(認印)

使用者の印鑑(認印可)が必要となります。

軽自動車の車検に必要な書類(個人で車検を取得する場合)

個人で車検を取得する場合は、追加で書類を用意する必要があります。

軽自動車の車検に必要な書類は以下の8つになります。
※個人で車検を取得する場合

  • 自動車検査証(車検証)
  • 軽自動車税納税証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 印鑑(認印)
  • 軽自動車検査票 
  • 自動車重量税納付書 
  • 継続検査申請書 
  • 定期点検整備記録簿 

軽自動車検査票

軽自動車検査票とは、車検や新規検査(新車、またはナンバーの付いていない中古車の検査)などの際、検査項目ごとの合否を記録する為の用紙です。

検査を受ける軽自動車が道路運送車両法の保安基準に準じている場合のみ、この軽自動車検査票に合格印が印字されます。

保安基準外であったり、書類に不備がある場合にはその内容が記載されます。

最終的に軽自動車検査票の全ての項目に合格印が押されれば、窓口で車検証の交付を受けることができます。

こちらの軽自動車検査票は、車検や新規検査を受ける当日にご用意頂ければ構いません。

自動車重量税納付書

自動車重量税納付書とは、車検や新規検査(新車、またはナンバーの付いていない中古車の検査)などの際に重量税を納める為の書類です。

こちらの自動車重量税納付書に自動車重量税額に相当する金額の印紙を貼り付け、申請を行います。

自動車重量税納付書は、車検や新規検査を受ける当日にご用意頂ければ構いません。

継続検査申請書

継続検査申請書とは、車検の際に車検証をコンピュータで発行する為に必要なOCR用紙のことです。

正式名称は、軽専用第2号様式と言います。

車検の検査終了後にこちらの継続検査申請書を軽自動車検査協会のコンピュータに入れると、記載内容を読み取り、車検証が交付される仕組みになっています。

継続検査申請書は、車検を受ける当日にご用意頂ければ構いません。

定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿とは、24ヵ月点検や12ヵ月点検の法定点検を行った内容を記録する為の用紙のことです。

こちらの定期点検整備記録簿を確認することで、過去の点検整備の記録を辿ることができたり、さらにそこから消耗部品の交換時期を判断することが可能です。

また、売買においては車両状態把握のひとつの資料として大変重宝される書類です。

後検査(車検前に点検整備)を行う場合に必要な書類となっています。

前検査(車検後に点検整備)で車検を受けられる場合は不要です。

<2020年最新版>

【完全無料】車検の見積もり

~車検を最安値で受ける~

楽天Car車検

  • 日本最大級の車検予約サイト
  • クオリティを下げずに車検が安い
  • 今すぐ車検に対応可能
  • 忙しい方にも便利(24時間受付中)

車検のお見積りはこちら

-【車検】お役立ち情報, 車検

Copyright© Carサテ , 2020 All Rights Reserved.