車査定

車のキズヘコミはいくら買取価格に影響する?修理してから査定は損!

更新日:

車のキズ、ヘコミは査定額に影響する?

車は走っていれば少なからずキズやヘコミが付きます。

 

いくら気を付けていても飛び石などは防ぎようがありません。

 

洗車時に初めて気づくキズやヘコミもあるでしょう。

 

普段はあまり気にならないキズやヘコミも、いざ車を乗り換えようと思ったとき「査定額に影響するのでは?」って気になりますよね。

 

確かにキズやヘコミは査定額に影響してきます。

 

しかし、査定額に影響しないキズもあります。

 

では、どのようなキズやヘコミがどれくらい査定額に影響するのか徹底解説していきます。

 

小キズは査定額に影響しない

キズは査定額に影響するキズと影響しないキズがあります。

 

その判断基準は、シャープペンの芯が引っかかるかどうかです

 

引っかかるレベルのキズであれば、査定の減額対象になります。

 

しかし、引っかからないレベルの小キズは査定額に影響しません。

 

このレベルのキズであれば1000円程度で市販されているコンパウンドで消すことができます。

 

なので、複数の小キズがある場合はコンパウンドで小キズを消してから査定するのも良いでし

ょう。

キズ、ヘコミはどれくらい減額される?

先ほども述べましたが、すべてのキズが減額されるのではなくシャープペンの芯が引っかからなければ、減額の対象にはなりません。

 

しかし、引っかかるレベルですと残念ですが減額の対象となってしまいます。

 

では実際にどれくらいのサイズのキズやヘコミがいくら査定額に影響するのか日本自動車協会の査定基準を例に説明していきます。

 

  1㎠以下で目立たないキズ、ヘコミ

  ⇒ 減額ナシ

  10㎠以下で目立つキズ、ヘコミ

      ⇒1万円減額

  20㎠以下で目立つキズ、ヘコミ

      ⇒2万円減額

  30㎠以下で目立つキズ、ヘコミ

      ⇒3万円減額

※車種、年式により減額金額は変わってきます

 

上記は1か所に対しての減額となり、複数のキズ、ヘコミがある場合は「減額×個所数」マイナスとなります。

 

また、浅いヘコミでその部分にキズなどが無い場合は比較的安価で修理できるデントリペアでの修理が可能となることがあるため、買取店によっては減額が緩和される場合もあります。

 

キズ、ヘコミ以外の減額対象項目(外装)

キズ、ヘコミ以外でも以下に該当する項目がある場合は減額対象となります。

  バンパー交換レベルの破損

      ⇒5万円~減額

  ドア交換レベルの破損

    ⇒10万円~減額

  フロント、リアガラスのヒビ割れ

      ⇒10万円~減額

  サイドガラスのヒビ割れ

      ⇒3万円~減額

  ヘッドライト、テールランプ割れ

      ⇒5万円~減額

  ヘッドライトのくもり

      ⇒1万円~減額

  ホイールのガリキズ

      ⇒1万円~減額

※車種、年式により減額金額は変わってきます

※外装の減額要因以外にも内装、機関も減額要因があります

 

やはり修理費用が高い部品の破損は、大幅な減額となってしまいます。

 

とくに安全に影響するフロントガラスなどのガラス類、ヘッドライトやテールランプのヒビ割れは交換しないと車検に通らないので交換が必須となるため、減額も大きくなります。

 

・事故車・修復歴車の定義から高く売るための秘訣までを大公開!

 

キズ、ヘコミは直すと損をする

「査定で減額されるなら、修理してから査定した方が良いのでは?」って思ってしまいがちですがこれは大きな間違いです

 

理由は修理しても絶対に元が取れないからです。

 

10㎠以下の減額は1万円程度です。

 

仮に一般の人が10㎠のキズ、ヘコミを修理工場に持ち込むと3万円~5万円の修理代がかかってきますので、2万円~4万円の赤字となってしまいます。

 

修理箇所が増えれば増えるほど赤字額は大きくなってきます。

 

車の買取店や販売店は自社修理工場や提携修理工場で修理を行うため、安価での修理が可能となっています。

 

また、フロントガラスやドア交換などの高額修理も中古やリビルト部品を使って修理することが多く、一般の人が修理する金額より非常に安価となります。

 

なので一般の人が修理工場に持ち込み修理してしまうと減額以上に修理費がかかってしまうのです。

 

車を査定する際は、修理せずにそのままの状態で査定するようにしましょう。

 

自分で直すと更に減額されることも

査定前に少しでも高く売ろうと車を自分で修理しようとする人がいますが、これは逆効果となってしまうケースが多いです。

 

素人が修理した跡は、一目でわかってしまいます。

 

カーショップやホームセンターで同色のタッチアップペンやスプレーペイントを購入しても、経年劣化による色の変化までは折り込まれていないため、実際のボディーカラーと同じではありません。

 

また、ボディにパテをもったりペーパーで削ったりするのはもってのほか。

 

スプレーペイントもキズ以外の部分に付着し修理範囲を広げてしまい減額が大きくなる可能性があります。

 

キズやヘコミは修理はせずに、そのまま査定に出すのが一番良いと言えるでしょう。

 

キズの修理を素人が行なうのは、コンパウンドで消えるレベルのキズだけにしておくべきです。

 

・車の査定額に色(ボディーカラー)はどれくらい影響する?

 

洗車、室内清掃は必ず行なう

査定する前に洗車と室内清掃は必ず行うようにしてください。

 

査定員は

車をキレイに乗っている=車を大切にしている

と評価します。

 

車を大切にしている人は、オイル交換や消耗部品などをしっかりとメンテナンスしている傾向が有ります。

 

外装や内装のキズなどは目で見て評価できますが、エンジン内部などの機関は目で見て評価することができません。

 

なので査定員は車をキレイにしているかで代用評価しています。

 

・車査定時の注意点7項目!車を高く売るために絶対にやること!

 

キズ、ヘコミある車を高く売るには?

一般的に大きなキズ、ヘコミの多い車は査定額がマイナスとなり高額査定を狙うのは難しいかもしれません。

 

しかし、大きなキズ、ヘコミのある車でも高値で売却できる方法があります。

 

それはキズ、ヘコミを修理して売ることを前提で車を探している買取店を見つけることです。

 

一般の人が修理工場に車を持ち込むと修理費用が高額になりますが、業者が自社工場での修理となると安価での修理が可能となるため、あえてキズ、ヘコミのある車を探して販売している業者がいるからです。

 

しかし、そのような買取店を渡り歩いて探していては時間と労力がかかりすぎます。

 

そこで当サイトがオススメするのがネット車査定。

 

ネット車査定は全国の買取店や大手買取店が多数参加しているため、あなたの愛車を探している業者を短期間で見つけることができます。

 

当サイトでは数あるネット査定の中から高額査定が期待できる優良企業3社のみを厳選しご紹介しています。

 

あなたの愛車も当サイトがオススメする車査定サイトで最高値売却を目指してみてはいかがでしょうか。

 


車の売却に関してのオススメ記事はこちら

・車「下取り安い」「買取り高い」って本当?メリットデメリットを徹底調査

・車を売るとき車検の残り期間は査定額にいくら加算される?

・車の走行距離はいくら査定額に影響する?過走行車でも高額査定が狙える!

・車の査定額アップが期待できる純正オプションはこの5つ!

-車査定

Copyright© Carサテ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.