【車検】お役立ち情報 車検

【車検】ディーラーが高い理由は2つ|車検を安くやる方法を公開!

くるお
ディーラーで車検を受けようと思ったんだけど、友達から高いからやめなって言われたよ。

営業マン
確かに民間車検と比べると高いよね。
でも高いなりの理由があるんだ。

くるお
ただ高いだけじゃないんだね。

営業マン
そうなんだ。
高いのにはそれなりの理由があるんだよね。
では、ディラー車検が高い理由を詳しく説明していくね。

ディーラー車検の特徴とメリット・デメリット

ディーラー車検とは、自動車メーカー系列の販売会社であるディーラーが実施する車検です。

ディーラーはメーカーとしてのブランドを掲げているので、設備、技術レベルともに一定以上の水準を維持しています。

ですからディーラー車検とは、自動車メーカーと契約をしている業者なので信頼度は非常に高いです。

整備に関しても、メーカーが正規ディーラーにしか提供しない新車解説マニュアルや、整備マニュアルがしっかりとあるので安心して任せられます。

自社製品の車に対する知識も豊富で、交換した方がよい部品や、車の維持などのアドバイスなどもしてくれます。。

また、ディーラーはパーツ交換の際、必ず純正パーツを使用しています。

各車種の純正パーツを保有しパーツ交換の際は純正パーツへの交換となります。

純正パーツは高品質が保証されているので「安心できる」理由の一つと言えるでしょう。

また、整備の質が保証されています。

ディーラーで車検を通した車が、その後すぐに故障したとなってはディーラーだけでなく、メーカーの信用にもかかわります。

そのためディーラー車検では次回の車検・点検まで安全に乗れるような整備を行っており、整備のチェックも厳重になっています。

これはディーラーがメーカーの看板を背負っているからこそのメリットと言えるでしょう。

ディーラー車検のメリット

  • 安心感が高い
  • 純正パーツを使用
  • 車検整備保障が付いている
  • 適切なアドバイスが聞ける

ディーラー車検の最大のメリットは、ブランドに対する信頼性に尽きます。

「ディーラー車検」と聞くだけで安心感が違いますよね。

メーカーが正規ディーラーにしか提供しない新車解説マニュアルや整備マニュアルがあり、自社の車についてはどこよりも精通しているのです。

ハイブリッドカーなどのコンピュータ制御の最新車種の専用テスターも備えていて、車種特有の分解整備やコンピュータ系の整備にもすべて対応できます。

車検の定期点検項目以外の部分も点検し、先を見て交換した方がよい部品やアドバイスなどもしてくれます。

さらに車検整備保証がついているので、車検後の不具合は無料で対応してくれます。

ディーラー車検のデメリット

  • 技術料が高い
  • 純正パーツを使用するためパーツ代が高い
  • まだ使えるパーツであっても交換を進められる
  • 修理できるパーツも交換優先
  • 車検以外の納車整備・修理も行っているため直近の予約がとれないことが多い
  • 繁忙期は民間車検工場に委託することがある
  • 自社メーカー以外の車は不得意
  • 古いモデルの車は民間車検工場のほうが詳しいことも

メリットばかりのディーラー車検と思われがちですが、以外と多くのデメリットがあります。

整備点検の品質が高くサービスも充実していますが、車検にかかる費用の高さはディーラー車検の一番のデメリットです。

車検時には「法定費用」、「車検基本料」、「事前・予備整備費用」の3つがかかりますが、ディーラー車検の場合「車検基本料」と「整備費用」が高くなります。

また、点検範囲や使用するパーツにこだわっているため、パーツ代や技術料も高くなります。

まだ使えるようなパーツであっても、次の点検・車検までもつか微妙な場合、交換を進められることが多いです。

ディーラーでは車検以外にも納車整備や修理など、他の作業も行っているため直近の予約がなかなか取れません。

特に土日などは、すでに予約が埋まっていることが多く、繁忙期は1か月くらい前から予約が必要となります。

ディーラー以外での車検はどうなの?

車検はディーラーが一番、思っている人もいますが民間車検工場でもディーラー以上にクオリティが高くリーズナブルなお店があることも事実です

実際このようなメリットがあります。

  • 基本的にはどのメーカーの車でも作業が可能
  • 料金設定がディーラーよりも安い
  • 純正パーツ以外の部品でも対応してくれる
  • パーツ交換だけではなく、パーツの修理にも対応してくれる
  • 大きな修理の場合、リビルト品などを利用して安く修理してくれるところが多い

民間車検の工場には幅広い知識を持った整備士が在籍しています。

また、ディーラー車検と違い手頃な料金で車検を受けることができます。

ディーラー車検と比較して質が低いと思われがちですが、設備が充実していたり、整備士の質が高かったりする工場も少なくありません。

中には正規ディーラーに併設された工場とほぼ同水準の設備を保有している民間車検の業者も存在します。

また、車検専門店などは車検に精通しているしているため余計なコストがかからず、リーズナブルでハイクオリティな車検を受けることができるお店が増えています。

おすすめ記事
車検のコバックの口コミ・評判を徹底検証|安い理由はこの5つ!

続きを見る

まとめ

ディラー車検は技術料(人件費)、純正パーツの値段が高いのでどうしても車検代が高くなってしまいます。

ディーラー車検が高い2つの理由

1、技術料(人件費)高い

2、純正パーツを使用するためパーツ代が高い

しかし、車検整備保障がついてきたり「ディラーで車検を受けた」などの安心感は他の民間工場車検よりも高いでしょう。

ただ、実際の技術力はどうなのか?と言われるとお店によっては民間車検工場の方が高いところもあるでしょう。

なので、少しでも安く良い整備を、と思われる人は民間車検工場の車検に出す方が良いといえるかもしれません

<2020年最新版>

【完全無料】車検の見積もり

~車検を最安値で受ける~

楽天Car車検

  • 日本最大級の車検予約サイト
  • クオリティを下げずに車検が安い
  • 今すぐ車検に対応可能
  • 忙しい方にも便利(24時間受付中)

車検のお見積りはこちら

-【車検】お役立ち情報, 車検

Copyright© Carサテ , 2020 All Rights Reserved.