中古車探し

事故車は購入しても大丈夫?メリット、デメリットを徹底解説!

くるお
予算内で車が見つかったんだけど事故車だったんだ。
買っても大丈夫かな?
営業マン
やはり事故車は無事故車に比べてリスクがあるのは事実だね。
ただしメリットもあるんだ。
では、事故車のメリット、デメリットや購入する前に確認すべき項目を解説していくね。

インターネットや雑誌で車を探していると「修復歴有」と記入されて掲載されていることがあります。

実は、修復歴有とは事故車のことなのです。

事故車かどうかは開示義務があります。

しかし、中には悪質な店で修復歴があることを説明せずに販売している場合もあるため注意が必要です

この記事では事故車のメリット・デメリットに加え、事故車を見分けるポイントや購入時の注意点について紹介していきます。

中古車の買い方の一つとして参考にしてみてください。

事故車を購入するメリットとデメリット

車を購入する時は新車にしようか中古車にしようか迷うこともありますが、中古車の購入を決めたのであれば、選択肢のひとつに事故車を考えてみてはいかがでしょうか。

事故車は廃車と考えている人も多いようですが、中古車として購入することが可能です。

しかしお店で販売しているとはいえ事故車を購入するのは気が引ける、不安を感じるという人も多いのではないでしょうか。

事故車というと悪いイメージが先立ちますが実はメリットもあります。

まずは事故車の購入のメリットとデメリットを見てみましょう。

事故車のメリット

事故車を購入する最大のメリットは格安で購入できる点にあります。

中古車は新車と比べると安く購入することができますが、すべての中古車が格安なわけではありません。

価格は車種や状態によって変動するため、新車並みの価格の中古車もあります。

その中で事故車は中古車の中でも圧倒的に安く、購入金額を抑えたい方におすすめです。

免許を取り立ての人や、ペーパードライバーで運転に自信がないから練習用として使いたいという人でも、ぶつけたりこすったりすることを心配せずに、気兼ねなく乗れるでしょう。

たとえ故障して乗れないような状態になっても、廃車にせず売却することもできます。

その場合は、中古車買取業者ではなく廃車買取業者に買い取ってもらう方が良いです。

中古車買取業者は車の価値に金額をつけるため、事故車や傷のついた車の査定額は低くなります。

一方廃車買取業者は、車の部品に対する価値に金額をつけるため、もう動かないような車であっても買い取ってもらうことができます。

事故車のデメリット

事故車にはデメリットもあります。

それは購入後に車の修理が必要になるケースがあることです。

しっかり修理されていなければ、購入後すぐに故障して修理が必要になることも多くありますので注意しましょう。

見た目は綺麗でも中身はボロボロで、すぐにガタがきてしまうことも少なくありません。

修復歴のない車と比べると強度は落ちるので、どうしても事故を起こした箇所の故障リスクは高くなります。

購入時は安く買えても修理代が予想以上にかかってしまったということもあります。

また、事故車は練習用として使うならとくに問題はありませんが、日常的に長く乗る分には不安があります。

修復歴のない車と比べると強度が落ちるため、事故を起こした特定箇所の故障リスクが高いです。

普通の車でも長く乗っていれば消耗して故障することはありますが、事故車の場合は故障のリスクが高く急に動かなくなるケースもあります。

ある日突然動かなくなることもありますので、遠出した先で故障するなどトラブルに見舞われる可能性もあります。

事故車の定義とは

事故車といえば、交通事故で損傷を受けた車を指すように見えますが、実際は少し違います。

事故車とは、修復歴のある車のことをいいいます。

事故車には、自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古車販売協会連合会が定めた規約で、事故車、あるいは修復車と表示することを義務づけています。

規約によると、事故車は交通事故を起こした車を指すのではなく、事故、あるいはその他の要因で自動車の骨格部分にあたるフレーム損傷させ、損傷部を交換または修理した経歴のある車のことをいいます

下記の9個所いずれかを損傷し、修理または交換すると事故車扱いとなります。

 

  1. フロントクロスメンバー
  2. ラジエータコアサポート
  3. フロントインサイドパネル
  4. フレーム
  5. ダッシュパネル
  6. ピラー
  7. ルームフロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ルーフパネル

交通事故に限らず自動車のフレーム(骨格)に大きなダメージを受けて修理または交換した経験のある車は事故車となります。

フレームを損傷すると走行機能に大きく影響を受けます。

また、走行に影響のない下記の部分を修理または交換しても事故車にはなりません。

  • フロントバンパー
  • ロアスカート
  • フロントフェンダー
  • ボンネット
  • リアフェンダー
  • トランクリッド
  • リアバンパー
  • サイドシルパネル
  • ドア

上記以外にも、水没した冠水車や災害車なども事故車として扱われます。

参考記事
【車買取】事故車、修復歴車の定義から査定額への影響を公開!

続きを見る

事故車を購入検討するときのチェックポイント

事故車はよく確認をせずに購入してしまうと、高い修理費用が発生してしまうリスクがあります。

そういったトラブルを回避するためにも、以下の3つを必ずチェックしておきましょう。

  • 信頼できるお店を選ぶ
  • 試乗して車の状態を確認
  • 保障の有無、期間を確認
  • 水没車は選ばない

ではそれぞれを詳しく説明していきます。

信頼できるお店を選ぶ

事故車を購入するときは、信頼できる大手の販売業者に依頼しましょう。

お客様への情報をきちんと開示してくれる大手販売店であれば安心して任せることができます。

アフターサービスが充実しているかも押さえておきたいポイントです。

事故車は普通の車より故障のリスクが高いので、万が一故障してしまったときにすぐ対応してくれる販売店だと安心できます。

購入前にアフターサービスについて確認しておきましょう。

試乗して車の状態を確認

新車でも購入前には乗り心地を確かめるために試乗を行うことが多いですが、事故車の場合も試乗は必須です。

これは乗り心地を確かめるのはもちろん、走行に問題がないかを確認するために必要なことです。

実際に乗る事でその車のエンジンやミッションの調子を体感でき、車の状態をより正確に判断することができます。

試乗できる場合は、走行時に異音がしないか、まっすぐ走ることができるか、電装系に不具合が無いかを確認してください。

外装のチェックもしっかり行いますが、実際に走ってみなければわからない問題もたくさんあります。

事故車を買う際には外装だけではなく、試乗して走行に問題がないかも必ず確認しておきましょう。

保障の有無、期間を確認

事故車の保証期間は販売店によって違いますが、6ヶ月以上あると安心です。

外装はきれいでも見えない内部やエンジン系統が損傷しているケースもあります。

購入後にトラブルが発覚するケースを考えて、ある程度の保証期間は必要です。

追い金を支払うことで、保証期間にさらに延長保証を受けられるケースもありますので販売店で確認してみましょう。

また同じ販売店でも保証の種類によって、延長保証の可否が違います。

安心をお金で買うかたちにはなりますが、少しでも長く保証をつけたいのであれば、延長保証をつけられるか聞いておくことが大切です。

水没車は選ばない

事故の原因はさまざまですが、水没車は選んではいけません。

水没車は電気系統の故障がいつ起こるのか不明確のため、どんなに安くても水没歴のある車は購入しないようにしましょう。

水没歴を確認するのはもちろん、エアコンなどを作動して臭いを確認しておくことも大切です。

水没車の場合はエアコンからカビ臭い風が吹き出ますので、臭いを確認して疑わしい場合は別の車を探した方がいいでしょう。

事故車は見分けれる?

事故車は骨格部分に損傷が出るほど大きな事故を起こしている可能性が高く、何らかの跡が残っていたり車体に歪みが出ている場合があります。

中古車購入時に粗悪な事故車を掴まされないためには、事故車の正しい見分け方を知っておくことが大切です。

じっくり検討せずに焦って決めてしまうと、意図しない事故車を買ってしまう恐れがあります。

なので確認すべきポイントをおさえ、下記項目をチェックしていくようにしましょう。

  • 修復歴の有無をお店に確認する
  • 車体の歪みを確認する
  • 外装の各部位に不自然な隙間がないかを確認する
  • 査定表を確認する

修復歴の有無をお店に確認する

中古車を購入する際に、事故車か販売店へ確認することが大切です。

情報の開示を求めない限り、教えてくれない販売店もあるからです。

そもそも事故車かどうか教えてくれないような販売店は信用できないので購入を避けるべきでしょう。

購入後に後悔しないために、気になっていることや疑問がある場合は、遠慮せずにどんどん聞きいて解消しておく必要があります。

車体の歪みを確認する

事故車はフレームが大きく歪むような損傷を受けている可能性があります。

そのため、フレームを修理したとしても多少まだ車体が歪みんでいることがあるのです。

そこで、事故車の見分け方の一つとしてはまず、車体の歪みを確認してみましょう。

車は必ず左右対称にできています。

そのため、車の右側と左側をそれぞれ確認し、若干違いがあったらその車は事故車で修復した可能性があります。

確認方法としては、車の前方または後方に立ち左右差がないかを確認していきます。

外装の各部位に不自然な隙間がないかを確認する

事故車かどうかを見分けるためには、外装パーツの隙間を確認しましょう。

あるはずのない部分に隙間があれば修復歴が疑われます。

また、もともと隙間が空いている箇所でも、左右非対称な場合は注意が必要です。

車は必ず左右対称に設計されていますので、隙間部分が非対称になっていれば修復している可能性が高いです。

査定表を確認する

中古車の販売価格は細かい査定によって決められており、査定の詳細について記した査定表というものがあります。

査定表には修復歴についても記載する欄があり、修理(Repair)を表すRマークがあれば修復歴ありです。

査定表の開示を求めても、みせてくれない時は疑う余地があるので注意しましょう。

事故車の知識を高めて車選び

事故車=事故を起こした車とイメージする人は多いですが、この認識は誤りです。

事故車とは事故の有無に関係なく、修復歴のある車を指します。

事故歴があっても骨格部分さえ損傷していなければ、事故車にはなりません。

中古車を購入する上では、事故車についてきちんと理解を深めておくことが大切です。

事故歴があっても優れた車はたくさんありますし、お得に購入できる可能性も高いです。

事故車の本当の意味を知って、中古車を上手に購入しましょう。

-中古車探し

Copyright© Carサテ , 2020 All Rights Reserved.