中古車探し

失敗しない中古車の選び方を徹底解説|チェックポイントはこの5つ!

くるお
今度、中古車を買おうと思っているけど、どんなタイプの車を買おうか迷ってるんだよね。
営業マン
車選びって迷うよね。
車は自分のニーズに合ったタイプを購入することが1番大切なんだ。
では、車の選び方について詳しく解説していくね。

仕事や買い物、趣味など生活していく上でなくてはならない自動車。

新たに購入するには車選びをする必要があります。

新車は高いため、価格の安い中古車から選んで購入しようと考えている方もいることでしょう。

しかし、中古車は古いものから新しいものなど、膨大な数の車種が存在します。

そのため、特に初心者の方の場合、どういった選び方をすれば良いのかわからず、不安な方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者の方におススメの中古車の選び方をご紹介していきます。

初心者におススメ!中古車の選び方

新車であれば、現在販売されている車種の中から選べば良いため、状態や年式などを考えずに選べます。

しかし、中古車の場合は膨大な数の中から選ばなくてはならないため、車を初めて買う方や中古車を初めて買う場合、選び方がわからないのも無理はないと言えます。

しかし見方を変えれば、膨大な数の中から選べるということは大きなメリットでもあります。

過去に発売されてきた車種の中から選べるので、新車よりも選択肢が多く、より自分に合った車を見つけられる可能性が広がります。

オススメの中古車の選び方を参考にして、自分にとって最適な1台を見つけましょう。

車の選び方はこの5つ!

車を選ぶ時、以下の5つの項目を参考にして下さい。

  • 予算で選ぶ
  • 維持費で選ぶ
  • ライフスタイルで選ぶ
  • 人気のある車から選ぶ
  • 車の状態で選ぶ

ではそれぞれを詳しく説明していきます。

予算で選ぶ

車にかける金額を決めている方は、予算を優先して中古車を選ぶのがおすすめです。

中古車の魅力は、何と言っても新車よりも安く車が手に入ることです。

新車よりも幅広い価格帯の中から選べるので、自分の予算に合う車が見つかるでしょう。

発売されてから期間があまり経過していない高年式のものや、新車での販売価格が高かったもの、人気の高い車種、オプション品が充実しているものなどは中古車の中でも高値で販売されている傾向にあります。

反対に、発売されてから期間が経過している低年式のものや不人気車種、走行距離が多い車の場合、価格が安くなります。

これらは、とにかく低い予算で購入したいという方におすすめです。

また、自動車の購入費用は「車両本体価格」に加えて、保険料や税金などの「諸費用」がかかってきます。

なので購入するためにかかる「支払い総額」を知っておくことでが大切です。

販売されている中古車1台ずつにそれぞれ記載されている価格は「車両本体価格」です。

諸費用は購入する車両の大きさや販売店によって差はありますが、車検付きの中古車の場合おおよそ10万円ぐらい見ておけば良いでしょう。

参考記事
中古車は年式、走行距離どちらを重視?重要確認ポイントはこの3つ!

続きを見る

維持費で選ぶ

購入したあとに車にかける費用を抑えたいという方は、維持費の観点から選ぶと良いでしょう。

車にはさまざまな維持費が発生するため、その部分をしっかりと把握しておかないと生活の負担となる恐れがあります。

まずは税金です。

車を所有している以上は毎年支払わなければいけません。

毎年4月1日時点で車を所有していると「自動車税」または「軽自動車税」が発生します。

自動車税の場合、所有している車の排気量が大きいほど税額も上がります。

軽自動車にかかる軽自動車税は、自動車税よりも安くなっています。

また、車検時に支払う「自動車重量税」は、車の重量が重いほど税額も上がります。

軽自動車の場合は普通自動車よりも安く、税額も一律です。

税金という維持費を抑えたい方には、重量と排気量が少ない普通車や、軽自動車を選ぶのがおすすめです。

また、燃費の良し悪しも維持費に影響してきます。

燃費が良い車の場合、燃料代にかける費用が少なくてすみます。

さらに、見落としがちな部分が消耗部品です。

消耗部品は新車時の価格が高い車ほど高額となります。

たとえばタイヤを例にしますと、軽自動車と2000㏄クラスのミニバンではタイヤの価格が3倍ほど差が出てきます。

その他の部品もタイヤと同様に、新車価格と比例して部品の値段も高くなります。

なので、車を購入後の維持費がどれくらいかかるのか考えておくことが大切といえます。

ライフスタイルから選ぶ

車の選び方でおすすめなのは、まずはご自身の生活スタイルや利用するシーンに合わせて、車の「タイプ」を選ぶことです。

代表的なタイプとその特徴をご紹介していきます。

軽自動車

税金などの維持費が安く、小型で小回りが利くため運転の苦手な方や女性でも取り回しがしやすいなど、軽自動車はとても人気があります。

個人の通勤・買物などの生活の足として、一世帯で複数台の自動車を所有する際、コストを抑えるためにセカンドカーに軽自動車を購入する人が多くなっています。

軽自動車も最近は様々な進化を遂げ、普通車顔負けの安全装備がついたり、大きな荷物が積めるようなスペースがある車種も登場し人気を博しています。

ただし、軽自動車の定員は4人までですので、5人以上乗る場合があるという方には普通車が必要になります。

また、費用面の長所を生かし、普通車ほど費用をかけずに購入、使用できる趣味的に乗れる軽スポーツカーなどもあります。

ホンダのS660、スズキのアルトワークス、ターボRS、ダイハツのコペン等がそれにあたります。

コンパクト・ハッチバック

ハッチバックとは、車の後部ドアが「跳ね上げ式」になっている車です。

つまりトランクがなく、人と荷物のスペースが同じ空間にあります。

ハッチバックの大きなメリットとしては、積載容量が大きく確保できる点です。

また、車体がコンパクトになりますので、軽自動車と同じく取り回しのしやすさで人気があります。

普通車ですので軽自動車よりパワーや広さがありますが、当然維持費や税金が高くなります。

コンパクトな車がいいけど、たまに5人乗ったり高速道路を利用することがあるという方におすすめです。

ミニバン

ミニバンとは、3列のシートを備えた定員が7~8人のワゴンタイプの車です。

普通車の中では、近年1番人気のタイプです。

とにかく室内が広くたくさんの人や荷物を載せられることが1番の特徴となっています。

ご家族でのドライブ、レジャー、スポーツで大活躍。

車体は大きめですが、ドライバーの目線も高いため見通しがよく、運転の苦手な方でも意外と取り回しがしやすいといえるでしょう。

ただし、車両重量が重くエンジンの排気量が大きいため、軽自動車やコンパクト・ハッチバックと比較し当然維持費は高くなります。

SUV

SUVとは、Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略です。

「スポーツ用多目的車」と訳されますが、SUVと省略して呼ばれています。

その名の通り、アウトドア系のスポーツで大活躍。

通常の乗用車に比べると車高が高いため、雪道・段差・悪路でボディ下面を擦る心配が少ないです。

また、ミニバン同様ドライバーの目線も高いため見通しがよく、運転の苦手な方でも意外と取り回しがしやすいといえるでしょう。

近年では街乗りでも気軽に乗れるようなタイプや、燃費のよい車も多く若い世代を中心に人気となっています。

ステーションワゴン

ステーションワゴンとは、後部座席とひとつづきの荷室を備えているタイプの車で、セダンとミニバンの両方の良さを併せ持っています。

ミニバンとは異なり背が低く、ボディーの後部に長いラゲッジスペースがあります。

セダンの魅力である、走行安定性と乗り心地はそのままに、快適なドライブが楽しめるでしょう。

ロングドライブや旅行、ビジネスユースなど多目的な使用をお考えの方は、ステーションワゴンがおススメです。

セダン

セダンとは、室内とトランクルームが別になっている車です。

居住スペースと荷室が別々になっているため、ボディ剛性の面で高いポテンシャルを有しています。

荷室からのノイズが入りやすいハッチバックタイプと比べ、静粛性にも優れているので、快適な車内環境を実現しています。

また、ワンボックスカーなどと比べ、低重心で安定した走行性能を得られるのもセダンのポイントです。

ハッチバックなどと比べても空力性能に優れており、横風にも強いというメリットがあります。

近年は車の実用性が求められ、国内でも背の高い軽自動車やミニバン、SUVなどの人気が高まっていますが、現在でも多くのメーカーのフラッグシップモデルはセダンであり、最も高級感を演出しやすいのもセダンとなっています。

クーペ・オープン

クーペとは2ドアで2人乗りの車のことを指しますが、現在では後部に座席を追加した4ドアクーペが主流となっています。

現代では主に「スポーティな車」という意味で使われ、デザイン的には車高が低く、屋根の面積が狭く、後部座席上のガラスがなだらかに車体後部につながる流線形シルエットが特徴です。

車両重心位置が低く操縦安定性能が高いクーペは、スポーツ走行がお好きな方におススメです。

しかし趣味的要素が高いクーペは後部座席があっても狭く、荷物はほとんど載せられないため、ファミリーで利用するには不向きなタイプとなります。

人気のある車から選ぶ

車に安心・信頼性を求める方や、他の人から注目されるような車が良いという方は、人気のある車種を選ぶのがおすすめです。

人気のある車は価格が比較的高くなってしまいますが、多くの人が乗っている安心感や信頼性を得られるのが魅力的です。

乗っている人が多いと、インターネットでその車種に関する情報が多数掲載されており、トラブルが起きた際に調べることができます。

また人気車種の場合、車を売却する時も高値が付くメリットがります。

車の状態で選ぶ

中古車は、既に何人かのオーナーが所有してきた車です。

以前のオーナーがどういった運転の仕方や扱い方、整備の仕方をしてきたか記録簿などで確認して選ぶことも重要です。

基本的に、外装に傷がなくきれいな状態であったり、内燃機関の状態が良いものであったりすると販売価格は高くなります。

状態が良いものを選びたいという方は、オークションの査定表や鑑定書が付いているものを選ぶとより安心できるでしょう。

-中古車探し

Copyright© Carサテ , 2020 All Rights Reserved.