【2019年】モデルチェンジ情報 モデルチェンジ情報

トヨタの新型TJクルーザー発売日はいつ?最新情報を大公開!

更新日:

トヨタ新型TJクルーザー

くるお
すごいワイルドな車。今までになかったタイプだよね。
営業マン
そうなんだ。トヨタが新たなコンセプトで発売を予定している「TJクルーザー」。販売中止となった「FJクルーザー」の後継ともささやかれているね。
くるお
アウトドアやレジャーシーンで大活躍しそう。
営業マン
この車の発売を待っているお客さんが多く、メーカーへの問い合わせが最も多い車と言われているよ。では、現在わかっている「TJクルーザー」の最新情報を公開していくね。

東京モーターショー2017でトヨタ新型TJクルーザーが発表されました。

今までになかったコンセプトのこのクルマ。

デザイン、機能性共に遊び心をふんだんに盛り込んだ仕様となっています。

アウトドアやレジャーシーンで活躍が期待される「SUVバンTJクルーザー」。

一体どんなクルマなのかレポートしていきます。

トヨタの新型TJクルーザーとは

トヨタから今までになかったコンセプトをもって発表されたのが「SUVバンTJクルーザー」。

発表前はFJクルーザーの後継モデルと噂されていましたが、ボディ形状やサイズ、そのコンセプトから後継モデルではなさそうです。

あえて表現するならば、SUVとバンが融合しアウトドアやレジャーで活躍するクルマ

SUVのオフロード性とバンの積載能力を兼ね備えたクルマとなっています。

TJクルーザーの外観デザイン

こちらでTJクルーザーの外観デザイン、内装の一部を動画でご覧いただくことができます。

TJクルーザーは今までになかった独特な外観デザインとなり、大きな特徴であるフロントマスクは一昔前のアメ車を思わせる角ばったインパクトあるデザインとなっています。

さらに、フロントフェンダーの延長線上に搭載される丸形のヘッドライト。

リアヘッドライトもフロント同様、フェンダーの延長線上に配置されています。

そのデザインは遊び心感いっぱいで、車名の

T=「ツールボックス」

J=「ジョイ」

にあったものとなっています。

TJクルーザーのサイズは

一見、画像では大きそうに見えるTJクルーザー。

実はとってもコンパクトなクルマとなっています。

注目ポイント

( )はFJクルーザー比

全長:4330mm(-335mm

全幅:1775mm(-130mm)

全高:1620mm(-220mm)

ホイールベース:2750mm(+60mm)

乗車定員:4名

このようにFJクルーザーと比較しても非常にコンパクトなのがお分かり頂けると思います。

FJクルーザーの発売当初はボディサイズが大きすぎる、室内空間が狭い、後席の乗り降りがしづらい、などの評価がありましたがTJクルーザーはそんなことはなさそうです。

日本の道路交通事情に合った車と言えるのではないでしょうか。

内装の仕様は

TJクルーザーはバンの積載性能を掛け合わせているため、室内空間はとても使い勝手がよい仕様となります。

室内は助手席側をフルフラットにできるため、ロングのサーフボードなど3mもある大きな荷物をスムーズに積み込むことが可能。

また、運転席側の後部座席は、シートクッションを前倒しすることで小物を置けるスペースが確保でき、ちょっとした買い物での荷物を置くのに非常に便利なスペースとなっています。

更に、バックドアは開口スペースを大きくとっていて、大きな荷物の出し入れが簡単にできます。

サイドドアはスライド方式となっています。

搭載エンジンは

エンジンの仕様はまったく公表されていませんが、私の予想では2.0Lクラスエンジン+ハイブリットとなると思われます

ポイント

最近登場した新型ノアに搭載されている1.8L直4ハイブリットエンジンが搭載される可能性が高いでしょう。

燃費はどれくらい

正直、搭載されるエンジンも決まっていない状況なので、憶測の段階ですがJOC08モードで11km/l~12km/lが予想されます。

FJクルーザーの燃費がJOC08モードで8.0km/lなので、それよりは燃費が良いことは間違いありません。

TJクルーザーはいくら

もちろん、まだ細部の仕様すら決まっていないため、その価格についても公表されていません。

FJクルーザーの新車価格が約340万円です。

ポイント

これを軸に上記の仕様から価格を算出すると、車両本体価格が290~370万円と予想されます。

発売日はいつ

こちらも正式な発表は今のところありません。

注目ポイント

しかし、トヨタ自動車が過去に東京モーターショーに出展したクルマの発売時期から算出すると、2019年8月頃の発売となりそうです

まとめ

FJクルーザーが生産中止となり、残念だと思っていた人にとってTJクルーザーは注目すべきクルマと言えるでしょう。

基本的なコンセプトは違えど、斬新なデザインのSUV魂はFJクルーザーから受け継がれているものがあります。

昨今、未来形デザインのクルマが多い中、このようなデザインのクルマが逆に新鮮なデザインと言えるのかもしれません。

【最新版】2019年新型車/モデルチェンジ情報

2019年に発売される新型車/モデルチェンジ情報(国産車)まとめ

 

-【2019年】モデルチェンジ情報, モデルチェンジ情報

Copyright© Carサテ , 2019 All Rights Reserved.