車の走行距離はいくら査定額に影響する?過走行車でも高額査定が狙える!

走行距離はどれくらい査定に影響する?

車を乗り換えたいけど距離走っているから高く売れない?

って思ってしまいますよね。

毎日通勤で車を利用していたり、家族で遠くに出かけたりすれば走行距離が延びるのは、致し方ないことです。

売ることを考えて、車に乗るのを控えるのは無理があるでしょう

確かに走行距離は査定額に大きく影響してきます。

しかし、売り方しだいで走行距離が多い車も高く売ることは可能です。

査定額に大きく影響するポイント

査定に大きく影響するポイントは大きく分けて6つあります。

  事故歴(修復歴)

  年式

  色(ボディーカラー)

  走行距離

  車体の状態

  グレード

事故歴(修復歴)

修復歴の有無は車の査定額にもっとも大きく影響してきます。

中古車で修復歴ありの車を購入したり、過去に車をぶつけたりして修理した車に乗っている方は気になるところでしょう。

しかし、過去に修理した車すべてが修復歴ありとなるわけではありません。

では、何をもって修復歴ありとなるのか?

これは、日本自動車査定協会が(JAAI)定めた基準で修復歴の有無が決まってきます。

基本的にバンパーやボディのキズやヘコミは修復歴ありにはならず、フレーム・ルーフパネル・ピラーなどの骨格部分を修理していると修復歴ありとなります。

ただし、軽微な事故でも修理のときに骨格部分に手が入ると修復歴ありとなってしまいます。

なので、車を板金修理に出すときには修理前に修理する内容を確認し、事故車扱いとなるのか確認しておく方が良いでしょう。

年式

年式も査定額に大きく影響してきます。

当たり前ですが、一部の車を除いて古い車ほど査定額は低くなります。

また、査定額は年々下がっていきますが均等に下落していくわけではなく、節目の年で下落率が変わってきます。

大きく査定額が変わる要素としては

  • モデルチェンジ、マイナーチェンジが行われた
  • 新車から3年
  • 新車から5年

などがあります。

やはり、日本人は新しい車を好む傾向がありモデルチェンジやマイナーチェンジ前の車は査定額が大きく下がります。

また、新車購入から※3年又は60000㎞(一般保証)※5年又は100000㎞(特別保証)が切れるので、この年を境に査定額が変わってきます。

トヨタメーカー保証の場合

色(ボディーカラー)

色(ボディーカラー)も査定額に大きく影響する要素の1つです。

2017年日本国内で新車販売台数が1番多かった色がホワイト系となり、全体の30%を占めています。

続いてブラックの20%、シルバーの15%となっています。

ホワイト、ブラック系は全車種で高額査定が期待できる色となり、グレー、エンジ系の色は不人気色となり残念ながら査定額が安くなる傾向があります。

車種にもよりますが、人気色と不人気色では査定額100万円の車で15万円~30万円の価格差が発生してきます。

しかしホワイト、ブラック系以外の色でも車種によっては高額査定が期待できる色があります。

それは、その車種のイメージカラーです。

例えばスバルのインプレッサのイメージカラーはブルーメタリックとなり、ホワイト、ブラック系と同等の査定額が期待できます。

車の色と査定額の関係についてはこちらで詳しく説明しています。

⇒車の査定額に色(ボディーカラー)はどれくらい影響する?

走行距離

走行距離も査定額に大きく影響する要素の1つです

走行距離は車の部品の消耗具合を知るためのバロメーターとなります。

一般的な走行距離は1年1万㎞なので、それを大幅に上回ると過走行車と言われます。

その逆で、走行距離が極端に少ない車を低走行車と言います。

また、走行距離が極端に少ないと査定額が大幅にアップするのかと言われるとそうではありません。

車は機械物なので、コンスタントに使用することで良いコンディションを保つことができるからです。

しかし、走行距離が10万㎞を超えると査定額が大幅に安くなる傾向があります。

走行距離10万キロ以上の中古車の購入を検討している方はこちらをご覧ください。

⇒走行距離10万キロの中古車は大丈夫?購入前に確認するポイントはここ!

車体の状態

やはり外装のキズ、ヘコミがない車、内装のキレイな車は高額査定が期待できます。

見た目的なこともありますが、キレイな車はきちんとメンテナンスがされている傾向があるからです。

また、キズ、ヘコミは減額対象となり、大きさや数でその金額も変わってきます。

いくら減額されるか知りたい方は「車のキズヘコミはいくら買取価格に影響する?」で詳しく解説していますのでご確認ください。

だだし、査定額アップを狙って自動車修理工場でキズ、ヘコミを修理するのは絶対NGです。

なぜなら、絶対に元が取れないからです。

カードサイズのヘコミの減額は1万円程ですが、一般の人が修理工場で修理するとなると3万円~5万円かかりますので赤字となってしまいます。

グレード

グレードは年式の新しい車、査定額が高い車ほど大きく影響してきます。

特に上級グレードにディーゼルや4WDの設定がある車では数十万円単位で査定額が変わってくることがあります。

また、オプション装備もプラス査定の対象となり、特に近年急速に進化をみせている安全装備(衝突軽減)が大幅な査定額アップに繋がる傾向があります。

また、安全装備装着車は自動車保険が割引となるのも人気の理由の1つとなっています。

走行距離10万㎞以上は査定額が安くなる?

確かに走行距離が10万㎞を境に査定額が安くなるのは事実です。

一昔前は車の寿命は10万㎞と言われていましたが、今の車の性能からすると10万㎞で壊れる車はまず無いと言っても良いでしょう。

きちんとメンテナンスをすれば20万㎞以上は走れます。

実際、タクシーや自動車教習所の車、日本道路公団で使用されている車両は50万㎞以上走っています。

ただ、イメージ的なものと10万㎞を超えてくるとタイミングベルトやドライブシャフトブーツなどの部品交換が発生してくるため査定額が安くなる傾向があります。

日本の車は海外での需要が高い

海外では故障が少ない日本車の需要が非常に高く、特に新興国では10年以上前の日本の中古車が数多く走っています。

私が仕事でインドネシアに行ったときは、その多さにびっくりしました。

もう日本では見かけない古い車が現役で走っています。

20年以上前のハイエースが、小型のバスとして使われていました。

このように日本では使われなくなった古い車や過走行車でも、車種によっては海外に輸出されるため高額査定となることがあります。

過走行車を高く売るには

過走行車を高く売るにはどうすれば良いのか?

走行距離よりも車の装備、程度の良いクルマを優先的に探している業者を見つければ良いのです。

では、どうすれば見つけることができるのか?

そんな時、役に立つのがネット査定

あなたの車を探している業者を持ち込み査定で探すのは非常に困難ですが、それを可能にしてくれるのがネット査定です

ネット査定は全国の買取業者や大手買取業者が対象なので、あなたの車を探している業者をかんたんに見つけることができます。

当サイトでは数あるネット査定の中から高額査定が期待できる優良企業3社のみを厳選しご紹介しています。

あなたの愛車も当サイトがオススメする車査定サイトで最高値売却を目指してみてはいかがでしょうか。



車を高く売る

2018年決定版、高額査定が期待できるおすすめサイトランキング

~愛車の最高値売却を目指す~


 

  今、最も高額査定が期待できる新しい買取りシステム

  一括査定ではなくオークション形式で全国の業者が参加

  全国の最大2000社が対象

  大手買取り業者から地方の中古車販売店までネットワーク化

  連絡はユーカーパックの1社のみ

  査定は1度だけでOK

 

 

 

公式サイトはこちら

https://ucarpac.com


 

  数ある一括査定サイトの中で利用率がトップクラス

  最大10社の見積りが比較できる

  大手買取り業者が多数参加

  2007年から運営し多くの実績

 

 

 

公式サイトはこちら

https://a-satei.com


 

  提携している買取り業者1000社以上

  最大30社へ一括査定依頼ができる

  中古車情報で有名なカーセンサーが運営しているので信頼度が高い

  査定依頼する買取店を選択できる

 

 

 

公式サイトはこちら

https://kaitori.carsensor.net



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ