事故車・修復歴車の定義から高く売るための秘訣までを大公開!

事故車・修復歴車はどれだけ査定額に影響する?

事故車は査定がつかない?事故車は廃車するしかないの?って思っている方もいるでしょう。

過去に事故を起こして修理した車に乗っている方は、いざ車を乗り換えようと考えたときに誰もが思うことです。

確かに過去に修理した車は少なからず査定に影響してきます。

しかし、修理した車のすべてが大幅な減額になるわけではありません。

過去に修理した車でも、ほとんど査定額に影響しないものもあります。

では、査定に影響する事故車と影響しない事故車の違いを説明していきます。

査定額に大きく影響するのは「事故車」ではなく「修復歴車」

「事故車」と「修復歴車」。

一見すると同じ意味合いにも聞こえますが、車の査定業界ではまったく別物として扱われています。

ではそれぞれの意味合いを解いていきます。

事故車

「事故車」は軽微な事故から大きな事故まで事故そのものを起こした車のことを「事故車」と言います。

ちょっとバンパー同士を擦っただけの車でも事故を起こしているので「事故車」です。

なので「事故車」は事故を起こした車を指しているだけで、車がどのような修理を行ないどのような状態なのかはわかりません。

修復歴車の定義

「修復歴車」は「事故車」とは違い、修復歴車となるための定義があります。

ではいったいどのような車が「修復歴車」となるのか説明していきます。

下の図はどの部位を修理すると「修復歴車」となるかを現した図となります。

修復歴車となる修理箇所は全部で9か所あります。

  フロントクロスメンバー

  ラジエターコアサポート

  フロントインサイドパネル

  フレーム

  ダッシュパネル

  ルーフパネル

  ルームフロアパネル

  トランクフロアパネル

  ピラー

これらの部位を修理した場合、修理の大きさに関わらずその車は「修復歴車」となります。

逆にこれ以外の部分をいくら修理しても修復歴車にはなりません。

また、これらの部位は車の骨格部分なので、少しぶつけたくらいでは損傷しません。

なので車を壁にこすって修理した、バンパーをぶつけて交換した程度の事故は修復歴車とはなりません。

キズやヘコミは査定額にどれくらい影響する?

キズやヘコミは少なからず査定額に影響してきます。

しかし、査定額に影響しないキズもあります。

その判断基準は、シャープペンの芯が引っかかるかどうかです

引っかからないレベルのキズであれば、査定への影響はありません。

しかし、シャープペンの芯や爪が引っかかるレベルのキズは減額対象となってしまいます。

では実際どれくらい減額されるのか。

  1㎠以下で目立たないキズ、ヘコミ

  ⇒ 減額ナシ

  10㎠以下で目立つキズ、ヘコミ

      ⇒ 1万円減額

  20㎠以下で目立つキズ、ヘコミ

    ⇒ 2万円減額

  30㎠以下で目立つキズ、ヘコミ

      ⇒ 3万円減額

このようにキズ、ヘコミは大きくなればなるほど減額される金額が大きくなっていきます。

またキズ、ヘコミの数によっても減額される金額が変わってきます。

キズ、ヘコミの査定への影響を詳しく知りたい方は「車のキズヘコミはいくら買取価格に影響する?修理してから査定は損!」をご覧ください。

なぜ事故車や修復歴車を買ってくれる?

事故車や修復歴車はもう売れない、と考えてしまいがちですがそんなことはありません。

なぜなら日本の中古車は海外、とくに新興国での需要が非常に高く高値で売買されています。

また、海外では日本で定めている修復歴車となる定義がなく、日本で修復歴車として売られていた車が無事故車と同じ扱いで売られています。

なので日本では年式が古い修復歴車で値段がつかない車であっても、車種によっては海外で高値で売却されていることがあります。

また、車は部品単品で購入すると非常に単価が高く、車両の状態と比較すると3倍近くの値段がします。

なので、年式の古くなった事故車は海外で走っている日本の中古車の修理部品として取り扱われることが多いです。

修復歴車はディーラーの下取りよりも買取へ

正直、修復歴車を下取りに出すのは「いくらでもよいので引き取ってください」と言っているようなものです。

中古車店の下取りはまだしも、ディーラーの修復歴車の下取りはびっくりするくらい査定額が安いです。

なぜならディーラーは海外への販売ルートをもっていないし、なおかつディーラーの主な業務は販売なので、修復歴車を買い取った後の販売ルートが確立されていません。

なので、赤字にならないような安全を見込んだ金額でしか買い取ってくれません。

しかし、買取り専門店は買取りのプロなのでどんな状態の車を買取っても販売するためのルートが確立されています。

なので、修復歴車を高く売るための販売ルートがあるためディーラーよりも高値で買取することができるのです。

買取店と事故車専門店どっちが査定額高い?

事故車は事故車専門店でしか買ってくれない。って思われがちですがそんなことはありません。

買取店でもしっかりと買い取ってくれます。

年式の新しい事故車の場合は、買取店の方が圧倒的に査定額が高いです。

事故車専門店に車を売ろうとしている人の心理として、「事故車だから少しでもお金になればいい」と思って車を手放そうとしている人が多いです。

その心理を知っている事故車専門店は、非常に安価な査定額を提示してきます。

また、事故車を複数店舗で査定する人はほとんどいないため、自分の車の相場を知らずお店の言い値で売却してしまうことが多いです。

そのため、売り方次第ではもっと高値で売却できるのに結果的に安値で売却し損をしてしまうことになります。

修復歴車は売り方次第で査定額が大きく変わる

修復歴車を一般の買取店で持ち込み査定をし、高値で売却するのは非常に難しいです。

なぜなら、修復歴車は相場がはっきりしないため買取店も赤字を出さないよう査定額を安めに提示してくるからです。

ではどうすれば高値で売却できるのか?

修復歴車を専門に扱っている買取業者に売れば高値売却が期待できます。

その専門業者は、修復歴車専門店として車を販売しているため修復歴車を探しているお客さんを集めることが可能となっています。

なので、一般的にはなかなか売れない修復歴車を売ることができるのです。

また、修復歴車専門店は海外への輸出ルートを確立している業者もあり国内で販売が困難な車は海外に輸出したりしています。

ではどうしたら修復歴を高く買取ってくれる買取店を見つけることができるのか?

車ネット査定です。

ネット車査定は全国の買取店や大手買取店が多数参加しているので、修復歴車を探している業者を短期間で見つけることが可能となります。

当サイトでは数あるネット査定の中から修復歴車でも高額査定が期待できる優良企業3社のみを厳選しご紹介しています。

あなたの車も当サイトがオススメする車査定サイトで最高値売却を目指してみてはいかがでしょうか。



車を高く売る

2018年決定版、高額査定が期待できるおすすめサイトランキング

~愛車の最高値売却を目指す~


 

  今、最も高額査定が期待できる新しい買取りシステム

  一括査定ではなくオークション形式で全国の業者が参加

  全国の最大2000社が対象

  大手買取り業者から地方の中古車販売店までネットワーク化

  連絡はユーカーパックの1社のみ

  査定は1度だけでOK

 

 

 

公式サイトはこちら

https://ucarpac.com


 

  数ある一括査定サイトの中で利用率がトップクラス

  最大10社の見積りが比較できる

  大手買取り業者が多数参加

  2007年から運営し多くの実績

 

 

 

公式サイトはこちら

https://a-satei.com


 

  提携している買取り業者1000社以上

  最大30社へ一括査定依頼ができる

  中古車情報で有名なカーセンサーが運営しているので信頼度が高い

  査定依頼する買取店を選択できる

 

 

 

公式サイトはこちら

https://kaitori.carsensor.net



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ