車一括査定は評判通りしつこい?実際のやりとりをすべて公開!

車一括査定は評判通りしつこいか徹底検証

車一括査定を申し込むと、電話が鳴りっぱなしでしつこいってネット上で言われていますが果たして真実はどうなのか?

実際に私が一括査定で車を売却したときの体験談を赤裸々告白したいと思います。

初めて車一括査定に申し込み

私が初めて車一括査定を利用したのは2013年。

過去に数台車を売却したことがありましたが、下取りや買取店への持ち込みで売却していたので、一括査定の利用はこれが初めてでした。

ネット上で「高額査定が期待できる!」とうたっていたので、その言葉につれられての申し込み。

その時は申し込んだ瞬間どうなるか?なんて考えていなかったので、仕事の合間に申し込みをしてしまいました。

申し込み後数秒で電話の嵐は事実

「一括査定は申し込み後しつこい電話が鳴り続ける」とネット上でも言われていますが実際はどうなのか?

事実、ネット上で言われている通り、いやそれ以上に電話が鳴りっぱなしになります。

しかも、申し込み後数秒で各買取業者がわれ先にと電話を掛けてきて、電話に出ないと留守電になるまで鳴り続けます

しかも私の場合、仕事の合間に申し込んでしまったため、最初に電話が掛かってきた買取店しか対応できず次に着信を確認した時には、20件(同じ買取店から何回も着信アリ)以上の着信履歴がありスマートホンのバッテリーも10%台まで減っていました。

私の経験から一括査定を申し込むときは以下に注意して下さい。

 時間に余裕(2時間位)があるときに申し込む

 設定をバイブにしておくとバッテリーがすぐなくなるので注意

実際に何社から電話があるの?

私が初めて一括査定を申し込んだときは、着信履歴の電話番号からみて申し込み後2時間で7社から電話が掛かってきていました。

同じ業者からの着信が何回もありました。

また、一括査定申し込み後すぐに掛けてくる業者もいれば数時間後に初めて掛けてくる業者もいるので業者によって営業方針が異なるのかもしれません。

はっきり言って、申し込んだその日は一括査定業者の対応に1日追われると思っていた方が良いでしょう。

よっぽど「車を高く売るんだ!」っという信念がないと、この電話の嵐には心が折れてしまうかもしれません。

 一括査定に申し込んだ日はスケジュールを開けておく
「車を高く売るぞ!」と信念をもって対応

電話で聞かれる内容とは

車の状態とかを詳しく聞かれると思いきや、車のことは一切聞かれず次の項目を聞かれました。

・売却予定日はいつ頃ですか?

・すでに査定をしましたか?

・最短でいつ査定に伺っていいですか?

・他の買取業者と査定の約束をしましたか?

とにかく査定をするための日程調整をしつこくしてきます。

業者としては査定の約束が取れなければこの先なんの利益にもなりませんから当然です。

買取業者は日程が決まると1つだけお願いをしてきます。

「査定の時は他の業者と時間が被らないように1時間以上間を開けて下さい」と。

2社同時の査定では、オークション形式でどんどん値段がつりあがり、買取業者の利益が減ってしまうからでしょう。

私が査定を依頼したのはこの4社

最終的に11社から電話が掛ってきましたが、実際に査定を依頼したには4社のみとなります。

なぜ4社に絞ったかと言いますと、やはり初めての一括査定なので安心感のある知名度の高い業者にお願いしたいという思いと、11社の査定に対応する時間がもったいないし、そこまで金額が変わらないだろうという考えからでした。

私が査定を依頼した業者は以下の4社

 ガリバー

 ビッグモーター

 カーチス

 アップル

今回査定した車はこれ

私の場合、週末に用事があったので平日に出張査定を依頼しました。

1日目・・・ガリバー、ビックモーター

2日目・・・アップル、カーチス

仕事から帰宅後の査定でしたので、1社目が18時~、2社目が19時~の査定となりました。

査定を依頼した車は私が8年前に新車で購入した以下の車。

年式 8年落ち
車種 ダイハツムーブカスタム
走行距離 75000㎞
 ブラック
 修復歴  なし

ガリバーの車査定

最初に査定を行なったガリバーの査定員は30代後半位の紳士的な男性。

簡単な挨拶をしたあと「車の査定に30分位かかるので、家の中で待っていてくれても良いですよ」と言われましたがどのように査定を行なうのか知りたかったので見ていました。

周りはすでに日が落ち暗かったので、懐中電灯を頼りに車をチェック。

車検証、車の外観、内装、エンジンルームを30分位かけて確認していました。

一通り確認が終わった後、「いくらなら売却してくれますか?」と聞かれたので、「いくらなら買取りできますか?」と聞いたら「頑張って15万円です」との回答。

事前のネット簡易査定で17万~20万円とでていたので絶対無理なのはわかっていましたが「30万円なら売ります」と返事をしたら「会社の方に聞いてみます」と言って電話をかけはじめました。

数分後「本部に確認したところ、今決めてもらえれば20万円で買い取りできます」と言われましたが、急いで売るつもりもなかったし他の買取店の査定額も知りたかったので「30万円以下では絶対に売りません」回答をしたら「また何かありましたら連絡ください」と言って帰っていきました。

ネットの評判では売るまで帰らないと書いてありましたが、今回査定をしたガリバーの査定員はそんなことはありませんでした。

ビッグモーターの車査定

ガリバーの出張査定から20分後にビッグモーターの査定員が来ました。

ビッグモーターの査定員はガリバーの査定員よりも若く20代半ばくらい。

ガリバーと同じく「査定が終わるまで家の中で待っててください」と言われましたが、ガリバーの査定との違いを見たかったので見学していました。

査定の仕方はガリバーとほぼ同じでしたが、ボンネットを開けて数秒後に「ボンネットを交換していますね」との指摘。

「ここを押してみて下さい」とボンネットのふちを指さしたのでその部分を押してみました。

交換したボンネットはふちの部分を押すとカチッと音がするとのことでした。

確かに3年ほど前に駐車中にぶつけられてボンネットを交換しています。

一通り見終わりガリバーの査定員と同じく「いくらなら売却しますか?」と聞いてきたので、ガリバーの時と同じく「30万円なら今売却を決めます」と言いましたが「私の査定だと17万円です」との回答。

その後、査定額が適正なのをアピールするためか「ナイス」という車の査定基準が書かれている本を私に見せ、必死に納得させようとしていました。

しかし私も17万円では売るつもりがまったくなかったので「検討させてください」と言ったらガリバーと同じく「会社に電話して聞いてみます」と言って電話をし始めました。

すぐ横で電話をかけていたので会話の内容が聞こえていたのですが、この査定員は上司にえらい怒られているような感じで「ナイスもみせたんですけど・・・」なんて会話がよこで丸聞こえ。

しかもその電話が長いこと。

30分以上は待たされました。

その後「本部に確認したんですけどこれ以上は無理でした」との回答。

ここで査定員も諦めたのか、すんなり帰っていきました。

アップル・カーチスの車査定

翌日も2つの買取店に査定をしてもらいました。

アップルの査定員は30代半ばのIT企業で働いているっぽい雰囲気の方でした。

渋滞にはまってしまったとかで、約束の時間より30分位遅刻。

さっそく査定員が他社と同様に査定を開始。

アップルは他社とは違い、家の中で待っててとは言いませんでした。

査定中、冗談かもしれませんが「車を売ってくれるまで帰りませんからね」との一言。

ネットの評判通りこの査定員は売るまで帰らないかもって頭をよぎりました。

そして査定が終わり金額の話をしている最中、この後査定を依頼していたカーチスの査定員が到着してしまい車を降りてこちらに向かって歩いて来ました。

そしたらアップルの査定位はカーチスの査定員のところに向かい「もう売却が決まっちゃったからお帰りください」と言っていましたが、そんなのはお構いなしにそれを振り払いこちらに歩いて来ました。

カーチスの査定員は50台後半位の優しい雰囲気の男性。

まず私のところに「いくらで決まったんですか」と聞いてきましたが実際はまだ査定額が出ていなかったので「まだ決まっていませんよ」と回答。

そしたらアップルの査定員が「25万円で私が買い取ります」と言ったその後に、カーチス査定員がちょっと車と車検証を見せて下さいと言って査定を開始。

その10分後にカーチスの査定員が「ウチなら37万円で買います」と予想以上の金額が提示されたので、ここで売買契約書にサインしました。

たった10分で37万円の査定額には本当ビックリ。

車検証はじっくり見ていましたが、車の方はさっと見ていただけでした。

細かいキズとかあまり気にしない査定員もいるんだなと感じました。

査定額は買取店で大きく変わる

今回、車の査定を4社で行いましたが、金額差が倍以上の結果となりました。

ガリバー 20万円
ビッグモーター 17万円
アップル 25万円
カーチス 37万円

最終的にカーチスで車を売却しましたが、このカーチス後々聞いた話だと私の家から70㎞ほど離れたところから来ていて、お客さんに頼まれてこの年式でこの色のムーブカスタムを探していたとのことでした。

やはり、次の売却先が決まっている場合在庫にならないので高く買取りができるんですね。

今回の車の売却は予想していた金額よりも高く売れ、満足できる結果となりました。

最初の電話の嵐には正直びっくりしましたが、車を高値で売却できるなら許容範囲と言えるでしょう。

また、売却後も3か月位は週1~3件くらい他の買取業者から「もう売却してしまいましたか?」と電話があります。

私の場合、初めてのネット査定で車が高く売却できたこともあって、これ以来車を売却するときはネット査定を利用しています。



車を高く売る

2018年決定版、高額査定が期待できるおすすめサイトランキング

~愛車の最高値売却を目指す~


 

  今、最も高額査定が期待できる新しい買取りシステム

  一括査定ではなくオークション形式で全国の業者が参加

  全国の最大2000社が対象

  大手買取り業者から地方の中古車販売店までネットワーク化

  連絡はユーカーパックの1社のみ

  査定は1度だけでOK

 

 

 

公式サイトはこちら

https://ucarpac.com


 

  数ある一括査定サイトの中で利用率がトップクラス

  最大10社の見積りが比較できる

  大手買取り業者が多数参加

  2007年から運営し多くの実績

 

 

 

公式サイトはこちら

https://a-satei.com


 

  提携している買取り業者1000社以上

  最大30社へ一括査定依頼ができる

  中古車情報で有名なカーセンサーが運営しているので信頼度が高い

  査定依頼する買取店を選択できる

 

 

 

公式サイトはこちら

https://kaitori.carsensor.net



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ