走行距離10万キロの中古車は大丈夫?購入前に確認するポイントはここ!

走行距離10万キロを超えた中古車はまだ乗れる?

中古車を買うとき、金額に大きく影響する走行距離。

たまたま自分好みの中古車が予算内で見つかっても走行距離が10万キロを超えていたら以下のような迷いがでてきますよね。

  10万キロ以上走行している中古車は買っても大丈夫?

  10万キロ以上走行している中古車の確認すべきポイントは?

  10万キロ以上走行している中古車はお買い得?

では実際、走行距離が10万キロを超えている車はどうなのか?

徹底解説していきます。

走行距離10万キロ以上の中古車は買い?

30年前の車の寿命は一般的に10年と言われていました。

しかし、当時は現在より道路整備が整っていなかったり、車の燃費も悪かったため年間の平均走行距離が6000キロほどでした。

なので、走行距離が10万キロに達したときには15年落ちとなるため、当時の車の性能からすると、そろそろ変え時となることから10万キロが寿命と言われていました。

しかし、現在では道路整備が整い燃費も当時に比べ格段に向上していることから、年間の平均走行距離も10000キロまで伸びています。

また、車の性能が向上すると共に耐久性も延びているので、現在の車は10万キロは通過点にすぎないと言えるでしょう。

しかし、当時のイメージが今でも残り、中古車市場でも10万キロを境に価格に大きな変化が出ているのは事実です

10万キロ以上走行している車は買っても大丈夫?

結論から言いますと大丈夫です。

排気量1000㏄以上の車であれば、現在の車のエンジン、ミッション性能、足回りの耐久性からすれば20万キロ以上は走行できると言われています。

なので、車の性能面からすると走行距離10万キロは全然問題ありません。

とくに、高年式ワンオーナー車はディーラーで細かなところまでメンテナンスされている傾向があります。

多走行車の購入を感がえているなら、5年落ち走行距離10万キロで程度がよいワンオーナー車が狙い目と言えるでしょう。

しかし、同じ走行距離10万キロの車でも15年落ち以上で多数のオーナーを渡り歩いた車は避けた方が良いかもしれません。

趣味的な車は別ですが、乗りっぱなしの傾向が強くなっています。

10万キロ以上走行している中古車の確認すべきポイントは?

車は走れば走るほど、部品が消耗していきます。

やはり、走行距離が10万キロ以上走行している車は少なからず消耗部品を交換しているはずです。

消耗部品は数千円で交換できるものから、数万円かかるものまで幅広くあります。

新車価格が200万円の車を中古で30万円で購入しても、100万円で購入しても消耗品の交換費用は同じです。

なので、走行距離が10万キロ以上走行している車の購入を検討する場合は、消耗部品の交換履歴や残量を確認することが非常に重要となってきます。

では、実際に確認すべきポイントを紹介していきます。

タイヤの状態をチェック

タイヤは高額な消耗品の1つです。

車種やホイールのサイズにもよりますが、純正ホイールの17インチで国産タイヤですと5万~8万円ほどかかってきます。

見るべきポイントは溝の残り具合と、劣化の状態です。

溝の深さとしては、7mm以上あれば問題ありません。

車種にもよりますが、7mm以上溝があれば普通の乗り方で3万キロ以上は走行できます。

しかし、7mm以上残っていても劣化しているタイヤでは意味がありません。

ひび割れがおきていたり、かけたりしていたら溝が残っていても交換しなくてはならなくなってしまいます。

また、スリップサインが出ているタイヤは速交換となるので注意が必要です。

タイミングベルトは交換済みか?

タイミングベルトの交換時期は、走行距離が10万キロと自動車メーカーが推奨しています。

部品代は5000円前後ですが、工賃が非常に高く総額で3万円~5万円となります。

なので、走行距離が10万キロを超えている中古車はタイミングベルトが交換済みか必ず確認するようにしましょう。

また、ベルトの代わりにチェーンを使用している車種は交換の必要がありません。

ブレーキパッドの残量を確認

ブレーキパッドは3万キロごと交換が推奨されています。

新品のブレーキパッドが10mmに対して、5mm以下になった時点で交換するのが望ましいです。

交換費用も工賃込み2万円~5万円かかるので、残量を必ず確認しておきましょう。

また、残量が3mm以下の場合は速交換となるので注意が必要です。

ドライブシャフトブーツの劣化を確認

車の車輪にエンジンの動力を伝えるドライブシャフト。

そのドライブシャフトを保護しているカバーがドライブシャフトブーツです。

このドライブシャフトブーツはゴム製のため、経年劣化していきます。

また、交換の目安としては走行距離が7万~10万キロとなっています。

交換費用は4輪交換した場合、車種にもよりますが部品代2万円、工賃が2万円~3万円と高額になっています。

このドライブシャフトブーツは劣化によって破れが生じていると、車検に通らないため注意が必要です。

バッテリーの交換時期は?

バッテリーの寿命は3年~4年となっています。

使用開始から5年以上経過しているバッテリーは著しく電圧が低下している可能性が高いため、セルが回らなくなりいつエンジンがかからなくなってもおかしくありません。

交換費用は1万円~となり、バッテリー容量が大きい車種だと3万円以上かかることもあります。

前回の交換時期を確認し、3年以上経過していたら注意が必要です。

10万キロ以上走行している中古車はお買い得?

現在の車の性能からすると、走行距離10万キロというのは全く問題ありません。

しかしそれには条件があります。

それは、きちんと定期的にメンテナンスされていた車かどうかということです。

メーカー推奨距離で各部のオイル交換を行ない、1年点検や車検時に各部の調整等を実施していたかです。

確認方法としては、点検記録簿を見れば一目瞭然です

私が考える10万キロ以上走行しているお得な中古車の条件は以下になります。

   新車購入時からの点検記録簿があり、各部の消耗品が交換されている

   ワンオーナー車

   新車から5年未満

   外装、内装の程度がよい(大切に乗られていた)

あなたが探している車の中に、これらを満たしている中古車を見つけたら是非検討してみてはいかかでしょうか。

走行距離10万キロの車が高く売れる

走行距離10万キロを超えているからって、査定額をあきらめていませんか?

走行距離10万キロ以上の車でも車種によっては高値での売却が可能です。

ではどうすれば良いのか?

あなたの車の色、グレード、装備を探している業者を見つければ良いのです。

しかし、買取店を渡り歩いての査定では時間と労力がかかりすぎます。

そこで当サイトがオススメするのがネット車査定。

通常、車を高値で売却するには1ヵ月位の時間がかかりますが、ネット査定なら1週間以内での高値売却が可能となります。

当サイトでは数あるネット査定の中から高額査定が期待できる優良企業3社のみを厳選しご紹介しています。

あなたの愛車も当サイトがオススメする車査定サイトで最高値売却を目指してみてはいかがでしょうか。

車の走行距離と査定額の関係を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

⇒ 車の走行距離はいくら査定額に影響する?過走行車でも高額査定が狙える!



車を高く売るには

車を高く売るには、あなたの車を探している業者を見つけることが絶対条件となってきます。

全国にはあなたの車を探している業者が必ずいます。

しかし全国の買取店を回るのは不可能です。

ではどうすれば良いのか?

インターネットを利用すれば全国の買取店の中からあなたの車を探している業者を短期間で見つけることが可能です。

あなたの車の情報をより多くの買取店に伝え、あなたの車を探している業者を見つけていきましょう。

2018年決定版、高額査定が期待できるおすすめサイトランキング

~愛車の最高値売却を目指す~


 

  今、最も高額査定が期待できる新しい買取りシステム

  一括査定ではなくオークション形式で全国の業者が参加

  全国の最大2000社が対象

  大手買取り業者から地方の中古車販売店までネットワーク化

  連絡はユーカーパックの1社のみ

  査定は1度だけでOK

 

 

 

公式サイトはこちら

https://ucarpac.com


 

  数ある一括査定サイトの中で利用率がトップクラス

  最大10社の見積りが比較できる

  大手買取り業者が多数参加

  2007年から運営し多くの実績

 

 

 

公式サイトはこちら

https://a-satei.com


 

  提携している買取り業者1000社以上

  最大30社へ一括査定依頼ができる

  中古車情報で有名なカーセンサーが運営しているので信頼度が高い

  査定依頼する買取店を選択できる

 

 

 

公式サイトはこちら

https://kaitori.carsensor.net



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ